一人親方の労災保険

労働保険事務組合とは?

事業主の委託を受けて、事業主が行うべき労働保険の事務を処理することについて、厚生労働大臣の認可を受けた中小事業主等の団体です。

労働保険事務組合への委託手続は?

労働保険事務組合に労働保険の事務処理を委託するには、まず「労働保険事務委託書」を労働保険の事務処理を委託しようとする労働保険事務組合に提出します。
委託する際には、団体への入会金・委託手数料等が必要になる場合がありますので、必ずご確認ください。

委託できる事業主等は?

<加入可能エリア>
  住所(居住地)が福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県の方となります。

<特別加入者適用一覧>

種類 構成 範囲
中小事業主等 労働保険事務組合 中小事業主
一人親方等 一人親方等の団体 建設の事業を行う等
特定作業従事者 特定作業従事者の
団体
1.特定農作業従事者(準備中)
2.指定農業機械作業従事者(準備中)

特別加入者の保険料は「1日の賃金に相当する給付基礎日額」により異なります。多くの補償を受けるには、保険料も多く納入しなければなりません。
しかし、ここでおすすめする「労災保険特別加入制度」は皆様が無理をせず、加入できる国が推進するお得な労災保険です。

委託できる事務の範囲は?

労働保険事務組合が処理できる労働保険事務の範囲はおおむね次のとおりです。
 (1) 概算保険料、確定保険料などの申告及び納付に関する事務
 (2) 保険関係成立届、任意加入の申請、雇用保険の事業所設置届の提出等に関する事務
 (3) 労災保険の特別加入の申請等に関する事務
 (4) 雇用保険の被保険者に関する届出等の事務
 (5) その他労働保険についての申請、届出、報告に関する事務

なお、印紙保険料に関する事務並びに労災保険及び雇用保険の保険給付に関する請求等の事務は、労働保険事務組合が行うことのできる事務から除かれています。

事務処理委託のメリットは?

1.労働保険料の申告・納付等の労働保険事務を事業主に代わって処理しますので、事務の手間が省けます。
2.労働保険料の額にかかわらず、労働保険料を3回に分割納付できます。
3.労災保険に加入することができない事業主や家族従事者なども、労災保険に特別加入することができます。

労災特別加入でもらえる内容

労災特別加入でこんなに安心です!

病院でケガの治療費は全額無料!

補償内容の一例: 給付基礎日額5,000円の場合

治療費 無料
休業補償 1日4,000円
障害が残った場合 年金額:655,000円+
一時金1,590,000円(7級の場合)
死亡した場合の葬式費用 一時金465,000円
死亡した場合の遺族補償 年金額765,000円(遺族が55歳未満の妻の場合)+
一時金3,000,000円
無料相談はこちらをクリックするかお電話で

▲ トップに戻る